Drupalを試してみた

マイクロソフトのPaasであるAzureの中にあるDrupalプラグインを使ってこんな試験的サイトを作ってみた。

Http://tsu.azurewebsites.net

Drupalは欧米ではワードプレスの次くらいに有名なCMS(コンテンツマネジメントシステム)らしいが、日本での人気はまったくない。

へそ曲がりな私としては、人がやらないことに興味を感じる。

カップヌードルWEB限定ムービー 日本の伝統芸 「熱湯風呂」 / ダチョウ倶楽部

何度みても笑える


カップヌードルWEB限定ムービー 日本の伝統芸 「熱湯風呂」 / ダチョウ倶楽部 - YouTube

Doorkeeperを知っているか?イベント告知が無料でできる。事前集金も有料でできる。

こんなの見つけた

個人でもイベントを主催して、会費を振り込んでもらえるシステムらしい。

以下 当該会社 siteより

Doorkeeperは、イベントを通じてコミュニティを運営する、イベント主催者のためのプラットフォームです。イベントのお申し込みやイベント参加者の管理など、イベント運営に関する様々なことをサポートしています。Doorkeeper株式会社は、Doorkeeperを運営する日本の会社です。

Doorkeeper http://www.doorkeeper.jp/company

ちなみに料金はこちらに出ています。 http://www.doorkeeper.jp/pricing

会場払いにすれば、無料で告知できるらしいです。

では みなさん ごきげんよう

昨日リリースされたnoteをさっそく使って100円で小説を載せてみた。

新しいサービスが始まったという情報を得た。

サイトはこれ

https://note.mu/

それで、試しにむかし作ったギャンブル小説をアップしてみた。 それがこれ

https://note.mu/tadsuzuki

第一話まで無料にして、第二話から第四話までは有料で読む(100円)という設定にした。 (本当は50円でもよかったのだが、最低額が100円なのである)

さて売れるかどうか

では、みなさん

ごきげんよう

僕の中の多重人格

僕の中には多重人格がいて、それぞれ名前を持っている。

このブログを書いているTad Suzukiは、創造的で新しいものが好き

絵の音は、フェミニンで可愛いものが好き

井土ぼんは、ジャンクなガラクタが大好き

絵納恩は、ギャンブラー

ギャンブラーの絵納恩は、Amazonでギャンブル小説も書いている。

もう一人、政治経済を司る人格がいるのだが、名前はまだない。 Y.Dobonとでもしておこう。

名前のないY.Dobon以外は、それぞれ自分のブログを持っている。 と言ってもつい最近始めたのだが。

つづく